top of page

義基 憲人のブログ

思いを込めて

きりえを始めて間もない頃

私のきりえの基盤となる絵を

友の古い町の話の感動を基に

本当は悲しい話だった・・・

私はうわべだけのデザインをし

29歳の時・・・

全国きりえコンクールに出品し

きりえの祖であり審査委員長の

滝平二郎さんから

高い評価の電話を頂戴した

今思えばまだまだの絵だった

制作を続ける中で

このように表現したい・・・

この思いを伝えたい・・・と

最初の感動とは違う方へと

少しずつ修正を続けていった

よりやわらかに優しくなった

だから・・・もう50年近く

その絵の制作を続けている

いつからかシリーズ化して

4パターンになった


同級生の開業医から依頼されて

制作した風景画も修正しながら

勝手に住めば都と・・・

こんな風だろうテレビの知識で

暮らす人への思いを込めて

観る人にその思いが伝わるよう

3パターンの優しい風景画に



Comentarios


bottom of page